« 活発な中国 | Main | 台湾の若者のことば表現 »

なぞだらけの「漢字」

 漢字の語源を解説しようとする本、説がたくさんあるが、なかなか思ったとおり、いかないことが多いようです。その「失敗」こそ言語の面白さかなと思います。

 有名な例の一つは「波」の解説。「波」とは「水の皮」というのをきいて、非常に納得できるが、これを鋭く反論するのは「滑」という字です。「滑」は決して「水の骨」ではありませんん。

 この前見たテレビ番組ですが、「鳩」はハトの鳴き声「ぐぐ(九)」と鳥からなっているとの解説がありました。なるほどと思いましたが、後で考えてみると、もともと中国の漢字だったので、この説明はおそらく成り立たないでしょう。とはいえ、日本語に基づいた説明は本当に面白かったです。

 

ニイハオチャイナ神戸   (紹の森)

« 活発な中国 | Main | 台湾の若者のことば表現 »

雑談」カテゴリの記事

Comments

What's up, I would like to subscribe for this web site to obtain newest updates, therefore where can i do it please assist.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213272/44793141

Listed below are links to weblogs that reference なぞだらけの「漢字」:

« 活発な中国 | Main | 台湾の若者のことば表現 »