« 笑话 | Main | 倒立散髪 »

新生GMは米国から消える?!

     2009年6月1日、鳳凰網は記事「GM:米国にさようなら、中国にニイハオ」を掲載した。同サイトは、破産法適用後に誕生する新GMは中国への生産シフトを加速させる可能性が高いとみている。

     6月1日、米ゼネラルモーターズ(GM)は米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。同問題についてオバマ米大統領は「GMは持続可能な企業として必ず復活する」と発言、デトロイト及び米国中西部での生産継続を保障すると述べている。

 一方でGM経営陣は中国に生産をシフトすることを希望している。全米自動車労組(UAW)のある幹部の言葉を借りれば、「一部の自動車メーカーはもはや従業員のことを考えていない。たんに利益ばかりを見ている」と発言した。実際、米国の自動車業界労働者が享受してきた好待遇はもはや期待できないものとなっている。コストは中国で生産した方が圧倒的に安い。

record china による

ニイハオチャイナ神戸   旭日

« 笑话 | Main | 倒立散髪 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213272/45222579

Listed below are links to weblogs that reference 新生GMは米国から消える?!:

« 笑话 | Main | 倒立散髪 »