« 化粧って本当に綺麗になれるの   2 | Main | 中国語が通じてよかった »

 中国では赤は「おめでたい」、「お祝い」、「喜び」を表す色です。「春節」には赤い「対連」を貼ったり、結婚式では新婦は真っ赤な服を着る習慣があります。また、奨励金やお年玉等は、赤い封筒に入れるのが一般的です。

 日本では、赤色はどんなイメージを持つのでしょうか。

 手元にカバーが赤い中国語の本があります。先日、会話練習で「この本のカバーはどうですか」という質問に対して、「好きではない」との答えはほとんどでした。

ニイハオチャイナ神戸   (紹の森)

« 化粧って本当に綺麗になれるの   2 | Main | 中国語が通じてよかった »

雑談」カテゴリの記事

Comments

「赤本」と言うのは、日本では大学別入試対策本だから、
余計じゃないですか?^o^
なつかしいなぁ・・・。

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213272/46622946

Listed below are links to weblogs that reference :

« 化粧って本当に綺麗になれるの   2 | Main | 中国語が通じてよかった »