« 中国八大料理 (8) | Main | 舍得 »

きっと心に響く!中国文学の名言(個人版)1

はじめまして、キキですo(*^▽^*)o

初めてのブログ執筆で、ちょっと緊張していますが。。。

今日から毎週月曜日皆さんとお会いすることが出来てとても嬉しいですヽ(´▽`)/

本読むのが趣味なので、

この場を借りて、同じ本好きな皆さんに

自分も読んでいたもの中で毎回一句ずつ

個人的に選んだ きっと心に響く!中国文学の名言  (;´▽`A``)

をシェアしたいと思っています!

どうぞ よろしくお願いします(*´Д`*)

では早速ですが、

   今日の名言は これ!

 有了门,我们可以出去;有了窗,我们可以不必出去。

私訳

 ドアがあれば出ていけるが、窓があれば出て行く必要もなくなる


銭 鍾書(1910年11月21日-1998年12月19日)という中国では結構有名な作家が書いた長編小説『囲城』(『結婚狂詩曲』)に出る文章です。

日本語訳は一応ありますが、残念ながら今本屋ではなかなか見つからないらしい(;ω;)。

一言で言うと、

1920年代~1940年代に起きた、帰国したインテリたちの、出世、恋愛、結婚生活の話 です。

内容は勿論面白いが、とにかく文章がうまい( ̄▽ ̄)

ユーモアと知性に富んだ言葉がいっぱい詰まっています∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

例えば今日のこれ!

うちからそとへ行くにはドアが必要ですが、

窓があれば、外へ行かなくても外の風景が見える!

今外国へのドアはさすがにいつも開いていますが、

そこに行くためにまだまだいろいろ苦労が必要でしょう。

でも

外へ行かなくてもインタネットやテレビなどという窓からいろいろなことを知ることができる!

ニイハオも中国の風景が見えるその窓の一つです。

皆さんが見たい風景ができるだけ映れるように

これまでも、そしてこれからも

毎日毎日己を磨いていきます
(=´Д`=)ゞ

長期窓を利用している皆さんにはたまたま外に行くことをおすすめしますが(^-^;)

文章の紹介から宣伝へ脱線して申し訳ありませんが、

47年出された作品の言葉が、今でも充分通じていることを証明したいだけです(*´Д`*)

『囲城』にはまだまだいっぱい良いものがありますので、

また次回に続きたいとおもいます。

それでは、長文になりましたが、

今後も毎週月曜日 よろしくお願いします(_´Д`)ノ~~

« 中国八大料理 (8) | Main | 舍得 »

読書」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213272/58645290

Listed below are links to weblogs that reference きっと心に響く!中国文学の名言(個人版)1:

« 中国八大料理 (8) | Main | 舍得 »